高知県 おかざき農園

ジュエリーみたいに

色とりどりに輝く「リサ・ジュエルトマト」

今回は高知県 おかざき農園さんの

リサ・ジュエルトマトを色々ピックアップいただきました。

このトマトは甘さと酸味のバランスがよくて、

素敵なレストランの前菜で出てくる

「!!??このトマト・・」な感動を楽しめるトマト、あれです。

ご自宅で食べる場合は。

まずは、そのまま 冷やすだけ

トマトの味を感じるにはコレがオススメです。

ジュエリーのような美しさ。

箱を開けると甘く、爽やかな香りがするのです。

ちなみに、緑のトマトもこの色で完成です。

この状態でとっても美味しいのです。

グリーンは大粒で爽やか。

個人的に一番好きなのは

フルーティなオレンジ色です。

甘さが自慢のレッドには

ハート型もあったり

濃厚な味を楽しめるのはバイオレット。

などなど。

で、なぜリサなの?

って思わないですか。編集部は思いました。

その答えは・・こちらの農園の愛娘さんのお名前。

今はめでたくお嫁さんに行ってしまいましたが。

父が娘を想う、、そんな嬉しさと寂しさと、幸せな意味があるのです。

このトマトの名前には。

とっても人気があるのでお嫁に行った後も、

数多の人にリサが欲しい、リサを、、

って言われ続けているそうです。

​そしてトマトを育てている皆様の笑顔はこちら。

トマトの栽培農園地下水に塩分を含む場所。

高知県は日射量が多く、トマト栽培にぴったり。

 

カラフルミニトマトは約50種類の色があり

その形、味、全てが違うミニトマトと中玉トマトを詰め合わせて。

これらのトマトの甘みの秘密

高知県の地元に昔から伝わる「100日トマト」の考え方。

トマトの木に無理な負荷がかからないよう

できるだけゆっくり、100日かけて低温で健康的に育てます。

その甘みは12月上旬には8度となって1月から9度以上、

そこから2月いっぱいで最高糖度(14度くらい)

になるのです、エライコッチャ。

 

それ以降6月上旬までで酸味と甘み、

コクと旨味のバランスが安定した美味しいトマトになります。
 

TV番組では「満天青空レストラン」「旅サラダ」

雑誌の「dancyu」に取材されたりでももっと全国のトマト好きな方にも、

トマトが苦手な方にもうちのトマトなら大丈夫、なことを感じてもらいたい。

とのことですw

そして【コロナ対策について岡崎農園さんの取り組みは】

 

1 スタッフ全員にマスク支給しています。

2 (ハウス)8箇所の圃場入り口に消毒液を設置。

3 (出荷場)消毒液を2箇所設置。手洗い指導と実施をしっかりと。

ジュエリーみたいな「リサ・フルーツトマト」のご購入はこちら

STAY HOME MADE MENU

どうぞおウチで産直、STAY HOME MADEで

こちらもお楽しみください。

フルーツトマトのトロトロチーズ焼き

■用意するもの

①岡崎農園のカラフルミニトマトまたはフルーツトマト

②オリーブオイル

 岩塩

 黒胡椒

 とろけるチーズ

■料理方法

①オリーブオイルを敷いた上にカラフルミニトマトを並べます。

 

②岩塩、黒胡椒を振ります。

 

③とろけるチーズをたっぷりのせて。

 

④約3分蓋をして蒸します。

 

⑤蓋を取れば出来上がり。

岡崎農園のトマトの甘みがチーズととろけ合ってお子様にも、

ワインのお供にも。

ジュエリーみたいな「リサ・フルーツトマト」のご購入はこちら